神山くらしの宿 moja house

徳島県名西郡神山町神領字本小野363

Email: mojahouse.kamiyama@gmail.com

 

TEL:050-5359-5598

Copyright © moja house. All Rights Reserved

blog / ブログ

神山の「もじゃ」を徒然なるままに。

July 1, 2019

完全予約制のプライベートカレー教室です。

ゲストハウスですが、ゲストのいない日中に、神山の旬の食材を使ったバングラデシュカレー教室はじめました(予約制)。

しつこいようですが、「もじゃ」とはベンガル語で「美味しい」「楽しい」の意。

家主がバングラデシュにいたときは、地元のお母ちゃんたちから料理の話題で仲良くなり、おうちでしょっちゅうカレーの作り方を教わっておりました。

バングラデシュ仕込みのカレー、是非、みんなで作ってみませんか?

スパイスの名前、それぞれの特徴、バングラデシュの食事状やそこでの暮らしについてもちょこっとお話したあと、神山のお...

June 5, 2019

moja house家主は、お米作りの新米チーム“素人米”のメンバーとして、江田という棚田と菜の花の美しい集落でお米作りをさせていただいております。

今年で3年目になる素人米ですが、今回moja houseで1泊2日の田植え合宿プランを企画しました!この日は貸し切りです!みんなで一生懸命作業した後に、温泉入って美味しいごはん食べたら最高!ビールはもっと最高!

水が入ったたんぼってほんまに気持ち良いんですよ。童心にかえってどこんこになりたい人、自然に癒されたい人、筋肉をつけたい人(田植え運動は良いトレーニングになります)、稲作に興味がある...

June 1, 2019

4月19日(地図の日)のオープニングから1か月ちょっとたち、ようやく、温めまくっていたホームページをオープンしました。

いまだにブログが改修が始まったところなのですが、徐々に更新していければと思っております。

ゲストハウスは、すでに営業開始しております!

ぜひぜひ、神山に遊びに来た際には、景色が抜群なmoja houseにお泊りください。

待っとるけんなー!

September 12, 2018

床張り合宿の日程が決まり、農林漁家民宿(食事提供なし)という方向性がきまったところで、大工さんとの打ち合わせを行いました。

もじゃハウスができるまで、たくさんの人に関わってもらいたい、みんなでワイワイ作業しながら作っていきたい、という思いがあったので、床張り合宿と、漆喰壁塗りはワークショップ形式で行うことにしました。

大事な床下部分はしっかりプロの腕にお任せするということで、床張り合宿の日までに畳をはがし、床下のボロボロ部分を何とかしていただくことになりました。床下、結構、シロアリにやられておりました…

 床下を見てみて、大きな大きな芋蔵...

August 29, 2018

実は、今更ですが、もともと私は2年前から田んぼで稲作をしていたのです。素人ですが。

なので、農家民宿の許可を取るためにわざわざ農家になったわけではなくて、書類上の手続きが必要でした。「農家」と認められるためには、収入の面や耕作面積の広さなど、各自治体の農業委員会で決まりがあるようですが、神山町の農業委員会のきまりでは、私の今の田んぼでの稲作で、証明書を発行してもらえることになりました。徳島県内で農林漁家民宿の開業に興味があるかたはこちらをご覧ください。私のバイブルです。ボロボロになるまで読みまくりました。毎年度更新されるようなので、県...

August 1, 2018

最近はairbnbなどで、一般家庭にお客さんを受け入れる「民泊」が気軽に行われるようになってきました。ちょうど2018年6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行された事もあり話題になっていますが、「ゲストハウス」をオープンするためには、法律上どういった許可を取らなければいけないかを知る必要があります。

まず、営業の形態によってクリアすべきものは違ってくるのですが、方法はたくさんあるようです。民泊として申請する方法、「旅館業」の簡易宿泊業許可申請をする方法、徳島県の「農林漁家民宿(いわゆる農家民宿)」として旅館業の簡易宿泊業許可申請をする...

July 20, 2018

さて、我が家に改修が必要なことは分かったものの、いったい誰にどうお願いしたらいいのかさっぱりわからない。

そんな、「わからない」だらけのなか相談したのが、つなぐ公社で建築士として働いているそのちゃんこと赤尾苑香さん

私とはジブリ好きなところで意気投合し、ニシンのパイを一緒に作った仲でもあります。(ニシンが町のスーパーに売って無かったからサンマ使ったけど)

そんなそのちゃんですが、自身の設計事務所を立ち上げた後に、建築士として町のプロジェクトに関わっていく道を選び、バリバリと活躍しております。非常に多忙を極める中、こんなわけもわかっていな...

June 15, 2018

一山超えたお隣の勝浦町から、床張協会のお二人がうちに下見に来てくれました!

何とも頼もしいお二人は、家の水平なども計ってくれ、床の構造の話や、床張合宿の流れなどを説明してくださいました。

床は、床束、大引き、根太、捨て張り、フローリングといった構造になっております。参考イラスト描いてみました!

 断熱材を入れることも考えたのですが、捨て張りが十分に分厚ければそれが断熱の役割を果たすという事、断熱材がネズミにかじられたりしたらいやだなぁと思った事もあり、なくてもええやろう!と判断しました。

そして、いよいよ、うちの畳をはがして、床下チェック!

...

May 17, 2018

そんな組織があることを、初めて知りました。

都会、地方問わず、日本全国各地で空き家が増え、古民家改修や空き家活用が求められるようになってきました。

この協会は、「床さえ張れれば家には困らない」を合言葉に、空き家の床を張る合宿を実施し、床張りの技術を普及しています。

たまたま、「阿波アグリガールズラボ」の会の時に(実は私も仕事ですだちのPRをしたり、プライベートでも田んぼをやっていることから、メンバーなのです)知り合った勝浦でみかん農家をされている石川さんが、床張り協会徳島支部をされていたのです。

しかも、みかん農家だけでなく、ゲストハウス「...

April 20, 2018

私、食いしん坊の旅好きなのですが、

ゲストハウスの魅力って何と言っても宿で出会う人たちとの交流だと思っています。

その土地の美味しい物や、今でしか見れないお祭りや行事を教えてもらったり。

逆に、そこで出会った旅人の国の料理を作って食べさせてもらったり。

ガイドブックには載っていないような、ツアーでは行けないような場所に行ったりするのが大好きです。

ドミトリーに初めて泊まった時は、知らない人と同じ部屋で寝るのがちょっと抵抗あったけど、

今ではすっかり慣れました。

神山で私が暮らすうえで大事にしたいことは、「ゲストハウスをつくります。」の記事で紹介し...

Please reload